本サイトについて

コラム担当者の自己紹介

 

はじめまして。私は、宮本といいます。作業療法士をして8年になります。

その間、急性期の病院や回復期リハビリを行う病院、高齢を担当する病院、を経て現在は老人保健施設、特別養護老人ホームなどを併せ持つ、社会福祉法人で勤務しております。

昨年より、大阪市立大学大学院(創造都市研究科 都市政策専攻 都市共生社会研究分野)で、夜間勉学に励んでおります。大学の分野としての研究は、社会で起こる様々な矛盾に対して、NPOをツールとして解決していこうとするものです。その課題の一環として、学生はインターンシップという制度の下、約50時間を地域で活躍するNPOで、お互いがWIN/WINの関係となるように、活動することが義務付けられております。そのようなご縁で、今回は本法人、「NPO法人 健康寿命増進機構」さんにお世話になっているというわけです。

 

関係スタッフと協議の結果、私は法人の今後の活動の方針やその範囲を伺いながら、HPの全体的な構成を考え、リニューアル内容の原案を作成。また、自身の現場(職場)で課題と考えているリハビリの考え方や新規情報を、健康を切り口に、その中のコラムとして作成、HPの一部になるように、提案していくことになりました。

取り組みの結果として、法人は、成果物をツールの一つにすると同時に、活動の方向性が整理されると考えました。私自身は、法人がミッションを打ち出し、活動していくための方向性を形にしていくまでの流れと、啓発活動を展開する具体的方法を学ぶことが出来ると思っています。

 

今回の取り組みが、読んでいただく皆様のお役に立てば、幸いです。


お問い合わせ サイトマップ